大会概要

大会趣旨

本大会は、下妻市、八千代町、常総市または近隣市町村に在住し、学童野球を愛する小学生を対象に行います。
この年代は、人生において技術や知識を最も吸収する時期でもあり、個人の様々な体験によって、精神的にも体力的にも大きく飛躍する可能性を秘めています。その可能性を見出し、発揮させてやることが我々大人の役割ではないかと考えています。
本大会を開催するにあたり、チームワークを基本とした責任感や使命感を生み出すと共に、対戦相手に対する敬意を表せる「スポーツマンシップ」を持ち、試合会場内外でのマナーを重視することにより、人間性を向上し、将来、この地域を作り上げて ゆく、人財を育んでいければと思います。

大会要項

主催 (一社)下妻青年会議所
後援 下妻市・八千代町・常総市
下妻市・八千代町・常総市各教育委員会
下妻市・八千代町・常総市選出県議会議員
下妻市軟式野球連盟
八千代町軟式野球連盟
常総市軟式野球連盟
下妻口ータリークラブ
茨城八千代ライオンズクラブ
下妻千代川ライオンズクラブ
水海道ライオンズクラブ
石下ライオンズクラブ
株式会社アシックス
株式会社茨城新聞社
日程 開会式8月12日(土)13日(日) 19日(土) (予備日20日)の延べ3日間
会場 石下球場、多目的広場(A・B)原山球場
出場資格 下妻市・八千代町・常総市各市町と近隣の小学校に通学する6年生以下の学童20名以内で構成するチーム

大会役員名簿

会長 薗部 正博
副会長 結束 俊之
八木 下聡
小堀 和明
松村 賢司
顧問 下妻市長  稲葉 本治
下妻市教育長  横瀬 晴夫
八千代町町長  大久保 司
八千代町教育長  赤松 治
常総市長  神達 岳志
常総市教育長  山口 大
下妻ロータリークラブ
茨城八千代ライオンズクラブ
下妻千代川ライオンズクラブ
水海道ライオンズクラブ
石下ライオンズクラブ
茨城県県議会議員  飯塚 秋男
茨城県県議会議員  飯田 智男
下妻市軟式野球連盟会長  稲葉 啓
八千代町軟式野球連盟支部長  為我井 仁司
常総市軟式野球連盟支部長  山崎 仁
実行委員長 石塚 正明
副実行委員長 飯村 純男  吉村 恒雄
運営委員長 鶴見 寧
運営委員 (一社)下妻青年会議所会員
審判長 大砂 克己
副審判長 飯村 正樹  菅谷 文明
審判員 高野 秀夫  青谷 恵司  西村 良  相沢 俊一  菊 憲一  植木 清
石野 純哉  関 武晴  苅部 光雄  野崎 明  天ヶ谷 真吾  山田 健
稲吉 正樹  高石 俊司  保戸山 正浩  小島 智和  市川 友彦  中村 貢
木村 等   小口 宏  高橋 佳孝  飯村 弘樹   砂見 拓馬  飯岡 俊介
小林 昭仁  岡部 竹志  塚田 光明  田崎 一夫 稲葉 武男  稲葉 勝之
忍田 明  坂本 健次  山田 孔明 宮本 健司  落合 克敏  早川 正
杉山 薫  篠嵜 央也  大里 肇  鈴木 明彦  五木田 蓮

(敬称略・順不同)

ご挨拶

大会会長 一般社団法人下妻青年会議所 理事長 薗部 正博

今年も「下妻JC旗争奪学童野球大会」を開催する運びとなりました。今年で33回目を迎えることができ、続けられる喜びもひとしおです。これも参加いただくチームの指導者や保護者の方々、今大会も後援・協力いただく関係皆さまのご理解とご協力の賜物と深く感謝申し上げます。
本大会は、勝敗を決めることはもとより、子どもたちの健全育成を第一に考えて開催しております。今年も皆様に感動を与え、素晴らしい大会になりますよう心より期待しております。
選手の皆さん、猛暑の中での試合ですが、日頃の練習の成果を十分に発揮され、力いっぱい元気に、優勝めざして頑張ってください。又、ケガや熱中症等ないよう十分注意してください。当然、勝ち負けはありますが、お互い相手を思いやり、礼儀正しく、他チームの人との交流を深めてください。又、こうして試合ができるという感謝の気持ちも忘れないでください。特に6年生の皆さんは、来年度から中学校生活が始まります。小学校生活のまとめとして全力でプレーし、心に残る大会にして頂きたく思います。
保護者の皆様におかれましては、選手に対し、暖かいご声援を心よりお願い申し上げます。
終わりに、本大会開催に際し、ご支援・ご協力・ご尽力賜わります役員、審判員並びに関係各位の皆様に、本大会役員を代表致しまして、心より厚く御礼申し上げ、私の挨拶とさせて頂きます。

大会細則

  1. 規則は、2017年度公式野球規則並びに全軟連取決事項及び大会特別ル-ルによる。
  2. 使用球は、ナガセ健康ボ-ルC号とする。
  3. 試合は7回とする。但し、1時間30分を過ぎたら新しいイニングには入らない。尚、同点の場合は、特別延長を適用する。
    ※特別延長 継続打順とし、前回の最終打者を1塁走者、2塁走者は前の打者として無死満塁の状態にして1イニング行い、得点の多いチ-ムを勝ちとする。さらに同点の場合は、カ-ド抽選とする。但し、大会初日に限り、抽選のみとする。
  4. コールドゲームは、3回以降15点、又は5回以降7点差とする。また、雨天等の適用については大会本部にて決定する。
  5. ベンチは、組み合わせの若い方が1塁側とし、ベンチに入れる者は、登録選手20名以内、指導者6名以内とする。(監督・コ-チ2名はユニホ-ム着用の事、代表者・マネージャー・スコアラーはユニフォームを着用してはならない)
    指導者以外に給水補助員3名以内のベンチ入りを認めます。
  6. 出場チ-ムは、その日の第1試合は開始予定時刻の30分前までに、第2試合以降は、前の試合の4回終了時又は試合開始予定時刻の30分前までにメンバ-表(スコアラー・マネージャー含む)4通を本部に提出し、攻守を決定する。予定時間に入場しないチ-ムは棄権とみなす。
  7. シートノックは5分間とする。(ノッカーは必ずユニホ-ム着用、シューズは選手と統一し、補助員【ボールだし】は必ずヘルメットを着用すること)
  8. 投手は変化球を投げてはいけない。
  9. 打者・走者・次打者及びベ-スコ-チは全日本軟式野球連盟(JSBB)公認のヘルメットを着用する。
  10. 捕手は(JSBB)公認のマスク・プロテクター・ヘルメット・レガース・ファールカップを必ず着用する。
  11. 金属バットは、(JSBB)のもののみ使用する。
  12. メガホンの使用は、監督に1つのみ認める。
  13. ベンチ内の携帯電話、応援時の鳴り物等の使用を禁止する。
  14. 抗議できる者は、監督と当該選手に限る。
  15. 試合前後のグラウンド整備は、必ず両チ-ムが行う。(第1試合前は除く)
  16. 雨天の場合、次の予定日に延長する。但し、日程の都合で、期日・会場・時間を変更する場合がある。
  17. 審判員や相手チームに対し、暴行及び侮辱した場合は退場もしくは没収試合とする。
  18. 大会第1日目の受付時まで、登録選手の変更を認める。
  19. ベンチ入りした大人は、試合中禁煙とし、トイレ以外はベンチから離れることを禁止する。
  20. ブロック代表戦(準決勝戦)において棄権が生じた場合、大会本部で協議し適正と認めた場合において、ブロック代表戦に限り相手方チームに交渉権を与える事ができる。
  21. 連合チームの出場を認める。

帯同審判・運営協力者について

  1. 1回戦・2回戦・3回戦の帯同審判・運営協力者は当該チ-ムより4名ずつお願いします。
  2. 準決勝・決勝に関しては、各チ-ムより運営協力者を3名ずつお願いします。
  3. 帯同審判の方は、途中交代せず、最後までお願いします。
  4. 服装は、半ズボン禁止とし、また、帽子、シューズを着用してください。
  5. 選手へのアドバイスは禁止します。